妊娠力アップサプリ

生活習慣が原因で妊娠しにくくなる理由

妊娠しにくくなる生活習慣

 

今や夫婦の6組に1組が不妊検査や治療を受けているとされており、ベビ待ちさんの中にも既にこうした状況にあるという人も多いのではないでしょうか。
妊娠しにくいという原因には様々なものがありますが、その原因のひとつに「生活習慣」が関係している可能性があります。
ここでは、ベビ待ちさんにぜひ覚えていただきたい「妊娠しにくい生活習慣」についての紹介です。

 

●「冷え・ストレス・運動不足・肥満」
基礎体温の測定はベビ待ちさんに限らず多くの人が行っていることかもしれません。
しかし、高温期がよくわからない、あるいは生理不順や不正出血がたびたびある、そのため排卵日もよくわからないという人もいることでしょう。
そんな人は、以下の生活習慣を確認してみて該当するものがないかを見なおしてみましょう。

 

・お風呂はシャワーばかりで湯船に入ることがない
・仕事はデスクワーク中心で座りっぱなし
・ダイエットは偏食ぎみの方法である
・補正下着などを普段から利用している
・睡眠時間が少なく、普段からだるさやストレスを感じている

 

こうした状況になると、体の内側が冷えた状態になります。
「低体温」や「血行不良」などもそれが原因で引き起こされることになり、たとえば肥満やストレス、少ない睡眠時間などもホルモンバランスが乱れる原因となりますので気をつけたいところです。

 

●膣の中への細菌の侵入を防ぐ
生活習慣やホルモンバランスの乱れとともに気をつけたいのが、膣内部への細菌が入り込むことを防ぐことです。
この際に気をつけたいのがウォシュレット。
ウォシュレットを使うことでわずかながらも細菌が飛び散ることがあり、それが膣周辺にかかると膣炎などの原因になります。
そのため、自宅にウォシュレットがあるという人の場合は常にノズルを清潔な状態にしておくことはもちろん、気になるようであれば極力使用を避けるといった選択も考えておく必要があります。
また、生理用品を定期的に取り替えないということも細菌が繁殖する原因となりますので不妊症の原因となります。
常に清潔な状態であることを意識することが不妊症を防ぐことにもつながります。

 

●妊娠力を上げる生活習慣を
特に体に悪い部分がないけれどなかなか妊娠までつながらない、という場合に見なおしたいのは「生活習慣」です。
上記の「冷え」「ストレス」「運動不足」「肥満」などの改善はもちろん、全般的な生活習慣の改善を心がけたいところです。
また、以下の様な生活習慣も気をつけましょう。

 

・食事はなるべく自炊して栄養バランスを考える
・ストレスをためないようにリラックする時間を作る
・夜更かしはせずに早寝早起きを心がける
・運動は適度におこなう

 

こうしたことを少しずつでも構わないので続けることが大切です。
妊娠力は生活習慣とも比例しますので、定期的に見なおしたいところです。